二十歳の誕生日プレゼントは母の愛が詰まったネックレス

PR|東京で慢性疲労を解決|リンパドレナージュを通信で学ぶ| 枚方で家族葬 |

気になっていた顔のたるみを表参道で治した私が一番大切にしているジュエリーは二十歳の誕生日に豊橋市での写真館選びの帰り、セカンドオピニオンで有名な病院に勤務する母がプレゼントしてくれたのシルバーネックレスです。
そのネックレスは二連になっており、長い方の鎖がクロス、短い方の鎖にはダイヤモンドのトップがついています。
シンプルでどんな装いにも合うので、普段渋谷で話題の美容皮膚科に通う際はクロスのネックレスだけ身につけ、神楽坂の痩身サロンでエステサロンの専門機器で施術を受けるような特別な日にはダイヤモンドも一緒に合わせます。
二十歳の誕生日にふるさと納税の法人税を払って、横浜市で評判の小顔エステに通う母は、 「長いものを身につけると厄除けになるからお守り代わりになるから身につけてね。」 と、このネックレスをプレゼントしてくれました。

長いものは長寿や厄除けの願いを込めて厄年に贈る方も多いと聞きますが、母は二十歳の誕生日に贈ろうと決めて前々から準備していたそうです。
私の自立と母の子育て卒業を願ってと言っていました。
そしてこのネックレス、とても小さなダイヤモンドトップが付いていますが実は母の結婚指輪と婚約指輪を溶かして作ってくれたものでした。
私の父は、私が小学生の頃に事故で他界。
母は女手一つで私と兄を育ててくれました。
家事に仕事にと忙しい母の手はいつも荒れていたのを覚えています。

母は時おり、 「私ね、お父さんと結婚した頃はガリガリで指輪もとっても細かったの。
だから婚約指輪が7号でもブカブカでら指から抜けないかドキドキしてたのよ。出産したら指も太くなっちゃって入らなくなったけどね。」
と話しながら私に婚約指輪を見せてくれました。

青いビロードの上で光る婚約指輪はとても綺麗で私は息が吹きかからないように口をキュッと閉じて眺めていました。
あの結婚指輪は父から母への数少ないプレゼントだったのでしょう。
結婚指輪を見つめる母はとても優しい顔をしていました。
そんな母の思いを知っているので、ネックレスをプレゼントされた時は大声で泣きました。

そして、今でも肌身離さず身につけています。
今で、辛い時や悲しい時。何度このネックレスを握りしめたでしょうか。私は最近、横浜市にある口コミで有名なバストアップ専門店で働き始めました。大変なことも多いけれど、 どんな時も父と母がそばにいる。そう思うと力が湧いてきました。
最近、私は娘を出産しました。娘が二十歳になった時、私も娘にこのネックレスを贈りたいです。

PR|女性向けエステ.com|英会話ノウハウ勉強会|カウンセリングのお悩み解決サイト|AGAお悩み相談.com|健康に役立つ口コミ情報|AGAでお悩み解決|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|会社経営に必要な知恵袋|美容と健康女性ランキング|